それは2つかかります

全てにおいて、何かをするには2人必要
 

愛より重要なものは何であろうか。自分のソウルメイトと巡り会うと言う事以上にスリルがあり、満たされる事はあるだろうか。コプルの最新シリーズ、”It Takes Two”では愛の奇跡が描かれている。並外れた鮮やかな色を選び、コプルは2人の人物を描く。男性と女性が調和へ向けて別の世界へと進んでいく。言うまでもなく、コプルは現実の世界が自身の描く丸く鮮やかな世界とは異なり、いかに厳しいものであるかは理解している。しかし、それが彼のマニフェストになるのだ。コプルは意図的に存在することの利点を受け入れる。彼の作品は幸福、喜び、ユーモアと愛への叙情詩なのだ。