彫刻

愛の世界を彫刻する
 

彫刻を作ると言うアイデアは自身の蝶の絵が3次元で作られたらどうなるのであろうと言う好奇心によって生まれた。独学で芸術を学んできたコプルは、この新たな試みを実行する上で多くの試練に直面した。素材についての知識は無いも当然、さらに彫刻作成の技術も皆無であった。