愛の世界

愛の世界
 

母なる自然は全ての種と人間にとっての舞台である。我々の先祖は洞窟に住み始め、今や高層ビルで生活する時代となった。我々は、身を守り、生き残り、感情を豊かにし、子孫を残す為に家を建てた。人が洞窟で生活していた頃に比べると多くの事が変わってきたが、1つだけ変わらないものがある。それは今の時代ではより重要で必然的なものになっている。その変わらないものとは愛し、愛されたいと言う衝動である。